スーパーヒールTAQのボヤき
by TAQ
ボヤき3275節
^22/08/02 00:38
                                                        
年間最大のビッグイヴェント、ドラゲーの神戸ワールド2DAYS(7月30、31日)が終わった。




まだまだコロナ禍が明けてない中の興行っちゅう事で会場に参戦する事はせぇへんかったワシやが、浅井君がドラゲーに復帰した記念大会時に参戦した事もあり、想い入れある大会な事には間違いないし、気に成る興行である。




速報のみで知る限り、団体の頂点ドリームゲート王者のKAIから吉岡が奪い、昨年同様2日目に防衛戦の強行日程をモノともせず、箕浦相手に防衛したらしい。




またこの大会、浅井君の35周年記念大会でもあり、その試合には豪華なメンバーが集結。




ユニヴァーサルっちゅう団体を知る者としては、村川(MASAみちのく、後のザ・グレート・サスケ)やエル・イホ・デル・サントが駆け付けたのはサブイボモン。




ドラゲーでは時折、闘龍門興行や、浅井君時代の記念興行があって、賛否両論あったりもしてるが…




個人的にはユニヴァーサルも闘龍門も知ってるし、リアルタイムで観て来た人間なんで、日本のマット界に本格的にルチャリブレを持ち込み…




ルチャ団体を創る切っ掛けと成った、ユニヴァーサル時代の所属選手達には、こう云う大会で浅井君と敵味方関係なく、参戦して欲しいっちゅう気持ちが強い。




まぁ、試合は実際観てへんから今後スカパー(GAORA)で観れたらなぁ〜?と。




大会直前に石田凱士がドラゲーを退団したのは残念なニュースやったし、ゴールドクラスは今後どう成るのか?も気に成るトコやが…




まぁ、ドラゲーの話しをしたら停まらんわな(笑)




ドラゲーを退団した鷹木信悟には悪いが、新日より全然ドラゲーの方がオモロいし、金払う価値がある。




鷹木信悟自身も新日で飽和状態の選手の中で埋もれるよりも、ドラゲーに居った方が善かった様な気もする。




まぁ、確かにドラゲー内で切磋琢磨出来る様な相手が居らんかったのは事実やけど。




清水にしろ、Ben-Kにしろ、吉田にしろ、ヘヴィー級やヘヴィー級に近い選手がドラゲー内で存在感を出すのは難しい。




元々ルチャ団体は軽量、中軽量級の選手がメインの団体やから。




相手が居らんのんよな、ヘヴィー級相手同士のマッチメイクが組める程の。




そう云う意味では身体のデカい選手にはなかなか厳しい団体やが、それでも新日よりはオモロいと想うし、単純に魅力ある団体やと想うワシ。




ユニット抗争を全面に押し出したカラーとしての団体運営も個人的には好きやし。




現在、日本のマット界でユニットがスタンダード化したのも元々はドラゲーのユニット抗争が端を発したモノ。




嘗て新日にはタッグや一時のグループ(軍団)はあったモノの、ユニット乱立する様な構図はあれへんかった。




結局、ドラゲーって色んなトコに影響力を及ぼしてるし、色んな団体にドラゲー(闘龍門)出身者達が活躍してる。




やはりドラゲーは魅力ある団体や。




新日の興行に高い金払うて観に行くヤツのセンスのなさ、観る眼のなさは病的やわな。




まぁ、ドラゲーのホームが東京やないからしゃあない部分はあるが。




神戸ワールド記念ホール大会2Days、はよ実際観てみたいわ〜
i-mobile
コメント(0)|コメントを書く

前の記事次の記事
ブクマ&更新通知
TAQのプロフ
通報する
~ブログ紹介
~ブログTOP
ブログ検索
マイページ トップ
(C)みんなのブログ
All rights reserved.