スーパーヒールTAQのボヤき
by TAQ
ボヤき2158節
^19/07/11 19:09
                                                                                 やっぱりワシが想うてた通りの展開に成った。




R・E・Dを追放されたBen-Kと望月道場を卒業したシュン・スカイウォーカーが前の博多大会で共闘。




シュン・スカイウォーカーがBen-Kを救出した流れからの共闘。




互いに5.6愛知大会のメイン、金網で1人に成ったモン同士、しかも同期である事から、ドラゲーファンならある程度は予想出来た展開。




まぁ、ワシの場合は望月道場の若手を率いれ、嘗てのEitaやT-Hawkが組んでたユニット、ミレニアルズみたいな感じのユニットをシュン・スカイウォーカーやBen-K等同期組で創ると予想してたんやが…




一応、スタートはシュン・スカイウォーカーとBen-Kだけの2人でやってくみたいや。




そしてスタート早々、Ben-KはPACのベルトに挑戦。




しかもそのタイトル戦が7.21神戸大会…




ドラゲー20周年の記念すべき大会で実現。




創設者の浅井君(ウルティモ・ドラゴン校長)も来る記念すべきビッグマッチ(興行)でBen-KがPACの持つドリームゲイトのベルトに挑戦する。




秘かにワシもこの大会に参戦するかどうか前々から悩んでたんやが…




チケットは若干残ってるし、闘龍門時代に袂を分かってから初めての凱旋と成る浅井君を新生ドラゲーマットで観てみたい気持ちも強く、どうしようか迷い中…




元プロレスマニアのワシが現在、似非ブームで脚光浴びてる新日よりも金を払うて観る価値があると豪語する団体、ドラゲー。




ユニット抗争が軸として歴史を重ねる唯一無二の団体、ドラゲーの新時代、新世代の台頭の幕明けを観れるチャンスが7.21神戸大会なんかも知れないと想うと、にわかに興奮を憶えるプロレス馬鹿。




ワシの予想ではシュン・スカイウォーカーもPACから獲られへんかったドリームゲイトのベルトを7.21でBen-Kが獲りそうな気がしてる。




5.6愛知の金網は観られへんかっただけに、7.21ドラゲー御膝下の神戸大会は是非この眼で…




っちゅう気持ちは強い。




問題は時間的都合。




チケット代的には事前の下調べで問題ないと判っては居るんやが…




個人的には非常に興味深い、シュン・スカイウォーカーとBen-Kの同期の共闘。




これからのドラゲーを担うやろう、若手2人が何処迄上がって行けるか?




そして彼等世代が現ドラゲートップファイターの世代に対して何処迄台頭出来るか?




プロレス界は世代交代時には必ずと云うてもエエ位、名勝負や後々団体で語り継がれる様な名シーン、名ドラマが起こりうる。




その瞬間に立ち合える事程、プロレスファンとして幸せな事はないやろう。




7.21神戸大会行きてぇ〜




やっぱりドラゲー、オモロいわ〜                                 
i-mobile
コメント(0)|コメントを書く

前の記事次の記事
ブクマ&更新通知
TAQのプロフ
通報する
~ブログ紹介
~ブログTOP
ブログ検索
マイページ トップ
(C)みんなのブログ
All rights reserved.