スーパーヒールTAQのボヤき
by TAQ
ボヤき2100節
^19/05/14 07:34
                                                                                                                                                                  今シーズンのプレミアはマンCの2連覇っちゅう形で幕を閉じた。




我が宿敵レッズはシーズン僅か1敗しかしてへんのに優勝出来ひんかった。




38試合闘うて1敗しかしてへんチームが優勝出来ひんリーグって凄ない?




流石プレミア、そりゃチャンピオンズリーグもヨーロッパリーグも決勝がどちらもイングランド勢同士に成るわな?




こんなハイレヴェルで欧州1のクオリティーを誇るのはプレミアしかあれへん。




ハイセンスなワシが眼を付けるリーグだけあるわ。




シティー(マンC)はシーズン4敗してても最期の最期で優勝するんやから、昔と比べて勝負強いチームに成ったわな。




ワシが知る頃のシティーはホンマ優勝争いに絡むどころか、中位を争う様なクラブやったからな?(笑)




ん〜、ペップは個人的に嫌いやけど、やはり監督としての手腕は凄いと云わざるを得ない。




正直、終盤レッズとシティーの優勝争いって成った時、ペップ嫌いからレッズに優勝して欲しいと想うたワシ。




ユルゲン(クロップ)は画に成る男。




あの感情の豊かさはTV画面では映える。




マージーサイドのライヴァルチームやなかったらワシはクロップ率いる現レッズは結構好きなチームに入る。




観ててオモロい。




ドルトムント時代程、現レッズではゲーゲンプレッシングを多用せぇへんが、前線のタレント力と得点力、3トップ誰もが得点を取れる攻撃は素人、玄人問わず魅力的に映る筈や。




それに比べ我がトフィーズは宿敵レッズに離される事、8位でフィニッシュ。




辛うじて勝ち越しはしたモノの、6強と云われるプレミアの中に入って行くにはまだまだ足りひんモノが多い。




悔しい、悔しいシーズン1敗でもタイトルを獲られへんかったクロップに残されてるのは6月2日のスパーズとのチャンピオンズリーグ決勝のみ。




ペップすら獲られへんかったビッグイヤーを掲げ、今シーズン好調をシーズン徹して維持したチームが一糸報いるか?




それにしてもプレミアはやはりレヴェルが高い。




他の欧州みたいに2チームのどちらかが優勝する…




っちゅう、出来レースなリーグではない。




そこにプレミアの奥深さと、フットボール発祥の地のリーグ戦としての意地がある様に想える。




やっぱ凄ぇわ、プレミア。




リーガ、ブンデスなんて比やないわ。




根拠のない、のべつ幕なし的スペイン、リーガ好きの出来損ない日本人、ローセンス極まりない自称フットボール好きの日本人共、世界最高峰のプレミアを観なさい、プレミアを。




攻守の切り替えの速さ、試合が停まらない継続性、フットボールのありとあらゆる魅力が詰まったリーグやから。




プレミアを観た後はリーガもブンデスもアホらしく想える程のフットボールクオリティーに差がある。




6強と云われ、何処が優勝するか判らんトコも、今回1敗しかしてへんチームが優勝出来ひんっちゅう過酷さ…




そしてウィンターブレイクがなく、リーグ戦の他、欧州のカップ戦、国内のカップ戦2つと、スケジュールがタイトなのもプレミアの魅力。




やってる方はしんどいやろうけど…(笑)




いやはや、やからプレミアはオモロい。




心情的にはクロップに勝たせてやりたかった今シーズンのプレミア。




これがあるからフットボールはオモロくて辞められない。                                              
i-mobile
コメント(0)|コメントを書く

前の記事次の記事
ブクマ&更新通知
TAQのプロフ
通報する
~ブログ紹介
~ブログTOP
ブログ検索
マイページ トップ
(C)みんなのブログ
All rights reserved.