スーパーヒールTAQのボヤき
by TAQ
ボヤき1890節
^18/10/14 11:27
                                                                                 昨日のFOOT×BRAINはなかなか興味深いモンやった。




一見フットボール番組らしからぬ、性格診断の内容とそれを専門にしてるゲスト。




こう云うフットボールとは一見関係ない、他のフットボール番組とは違う視点、角度で観せてくれるのがFOOT×BRAIN最大の魅力。




番組内の性格診断、ディグラム診断は31パターンの分類に分かれるらしく、興味を持ったワシは番組後にサイトでやってみた。




ワシが最も共感したのは番組内でディグラム診断のゲスト、木原誠太郎が云うた「先ずは自分がどう云う人間なのかを知る事が大事」っちゅう言葉。




ワシも何回もこのブログで云うてるが、自分をよう判らんっちゅう人間が居る事が不思議でしゃあない質の人間。




自分が一番自分と付き合いが永い訳で…




じゃあ、20代の人間でも20年間自分と付き合うて来て、自分が判らんっちゅう人間が、その尺度や価値観、感性で何を判断出来るのか?と。




自分っちゅう名の物差しの基準すら出てへんヤツが、その0さえ出てへん物差しで一体何を測れ、そこから何が判り、何を学べるんやろうか?っちゅう事。




自分っちゅう人間が判り、それが基準に成るからこそ、他人と比べる事が出来るし、善し悪しも判る。




自分の善し悪しが判るからこそ、他人が自分より優れてるトコ、劣ってるトコが判るし、足りひん部分を吸収しようと想える。




結局は灯台下暗しな状態じゃ、何にも始まらへんっちゅう事。




日本人がフットボールに於いて何時迄も発展途上のまんまなのも、己れが判ってへん身の程知らずやからこそのモノやとワシには想えてしゃあない。




因みにワシのディグラム診断の結果はエエ線付いてた(笑)




自覚がある事、気付かされる事…




番組内では只の性格診断で終わる訳ではなく、ちゃんとフットボールに絡めた内容に成ってて、それが不確定要素ではあるが、一定の成果を観せた。




こんな少し異質なフットボール番組やからこそ、ワシはFOOT×BRAINを評価し、観続けて来た。




フットボールIQの低い日本人にはアホにも判り易いベタなフットボール番組もエエけど、FOOT×BRAINやFOOTの様なベタなフットボール番組では決して観る事が出来ひん内容の番組を観て、博識を深める事をお薦めする。




お前等の今迄の狭くて小さいフットボールの世界観が間違いなく拡がり、身に成るやろうし、そこからがフットボールを知り、フットボールIQを高くする為のスタート。




先ずは自分の低レヴェルさ、発展途上さを知る事から。




FOOT×BRAINはフットボールIQを伸ばしてくれる、日本では数少ないエエフットボール番組である。                           
i-mobile
コメント(0)|コメントを書く

前の記事次の記事
ブクマ&更新通知
TAQのプロフ
通報する
~ブログ紹介
~ブログTOP
ブログ検索
マイページ トップ
(C)みんなのブログ
All rights reserved.